パスタの食べ方・スパゲティの食べ方

パスタの食べ方は?
パスタは小麦粉、水、塩などを原料にした麺類の一種でスパゲッティに代表される細長い紐状の麺やペンネのような短い麺(ショートパスタ)のほか形状は大きく異なるラザニア(板状パスタ)なども含みます。パスタの食べ方は以下の通り。
スパゲティーのような紐状のパスタはフォークを立てて巻きつけて食べます。ペンネのようなショートパスタはフォークの腹に乗せて食べます。ラザニアはナイフとフォークで端から一口大に切って食べます。
………このページの内容………

1. パスタの食べ方は?(巻き方は?) 前のページ

(1)主なパスタの種類 前のページ
(2)スパゲッティーの食べ方は・スパゲッティの食べ方は? 前のページ
  紐状パスタの食べ方は(巻き方は?)  前のページ
 (フェットチーネ、フェットゥチーネ、フェデリーニほか)
(3)ペンネ、マッケーローネ(マカロニ)の食べ方は?
  ショートパスタの食べ方は
 (フジッリ、コンキリエほか)
(4)その他のパスタ

  ラビオリ(詰め物入り)、カネロニ(春巻き風)、ラザニア・ラザーニエ(板状)、ニョッキ(団子状)の食べ方

2. はみ出し情報(パスタのカロリーほか)

1.パスタの食べ方は?(巻き方は?)つづき

以前はスプーンとフォークを使って食べるのが正しいとされていましたが、現在では基本的には長いパスタはフォークを使って(長いパスタはフォークに巻き取って)食べるのがマナーとされています。下記にパスタのタイプ別に食べ方のコツを解説します。

(3)ペンネ、マッケーローネ(マカロニ)の食べ方は?
ショートパスタの食べ方は(巻かないパスタを食べるコツ)
 (マカロニ、フジッリ、コンキリエ、ペンネほか)

ペンネ 巻かないショートタイプのパスタの場合、ついフォークで刺して食べたくなってしまいますが、本来の食べ方のマナーとしてはフォークの腹に乗せて口に入れます。
マカロニ以外のショートパスタのフジッリ(ねじりパスタ)、コンキリエ(貝殻状パスタ)も同様に、フォークの腹に乗せて食べます(画層はペンネの例です)。

ただし、オイルやソースなど、味付けによってはツルツルと滑ってフォークに乗せて食べるのが難しい場合もあります。そんな時はむしろ何度もすべって落とす様子が見苦しいものです。フォークに乗せるのが難しい場合には刺して食べても構いません。

なお、グラタンなどに入っている場合にはスプー
ンを使って食べても構いません。ソースと一緒にスプーンですくって口に入れます。スープの具として使われているショートパスタも、同様にスプーンですくって食べても構わないとされます。

パスタはすすって食べるのはNGなので、口に入れる時に音を立てないように注意して下さい。 フォークに乗せた分だけ口に入れます。

スプーンとフォークの使い方は?
イタリアではショートパスタにスプーンとフォークを一緒に使うことはありません。グラタンの具としてマカロニなどが出される場合にもフォークを使います。
また、音をたててすするのはNG。口に入る量だけをフォークですくって食べます。

(4)その他のパスタ
ラビオリ(詰め物入り)、カネロニ(春巻き風)、ラザニア・ラザーニエ(板状)、ニョッキ(団子状)の食べ方

ラビオリ◆ラビオリの食べ方のコツ
 ラビオリとは2枚の板状のパスタの間に挽肉やチーズ、野菜などをはさんだのち、4cm角程度の一口サイズに四角くカットしたもの。四辺の切り口は具材が出ないようにしっかりと押さえられています。
ラビオリは中の具が出ないようにできるだけ切ったり刺したりせずにそのまま食べたいものです。すくい取るようにフォークの腹に乗せて食べます。ただし、ソースの種類によっては滑りやすく、フォークですくって食べづらいことがあります。このようにフォークに乗せて食べるのが難しい場合には刺して食べても構いません。
 また、もしラビオリ系のアレンジ料理で、1つ1つのサイズが大きいものが出された場合には、ナイフとフォークを使って一口サイズに切って食べます。本来は中の具を一緒に味わうものなので、具が出てしまった時にはソースと一緒にパスタに乗せたり絡めるようにして食べます。

(ラビオリの作り方補足:大きく伸ばした厚さ2ミリ位のパスタ生地を用います。4センチ程度の等間隔に具材を置いておき、もう一枚同様の大きいパスタを重ねたのちにパスタカッターで4センチ角に切り分ける…この作り方は事務局スタッフが実際に習った作り方ですが、最近のレシピではあらかじめ4センチ角程度にカットしたものを用いる作り方も紹介されています。中央に具材を乗せもう一枚を重ねて四隅をしっかり貼り合わせるという方法です。またアレンジレシピとして、略式で4センチ角程度の大きさのパスタを半分に三角形に折り畳んで二辺を留める作り方もあるようです)

◆カネロニの食べ方のコツ

 カネロニは筒状の詰め物パスタです。春巻き風パスタとも言われます。やはり詰め物が入っているのでできれば中の具と一緒に食べたいものです。
カネロニという名前で売られているパスタを使うこともありますし、板状パスタを使って具を巻いたものでカネロニの代用をすることもあるため大きさはまちまちです。ラザニアと同様、フォークの腹に乗せられるものは乗せて食べますが、乗せにくいものは刺したり、大きなものは一口サイズに切って食べます。本来は中の具を一緒に味わうものなので、具が出てしまった時にはソースと一緒にパスタに乗せたり絡めるようにして食べます。

◆ラザニアの食べ方のコツ
 ラザニアは板状のパスタで、挽肉(ひきにく)やソース、玉ねぎなどの野菜をはさんで耐熱容器に2〜4層程度重ねて敷き詰め、オーブンで焼いたものです。

 板状のパスタなので、切り分けて食べます。間にソースや具が挟んであるのでそれらを一緒に楽しめるようにちょうど層状の棒ケーキ(スティックケーキ)になるようにナイフとフォークを使って一口サイズに切り分けます。
切り分けたラザニアは、フォークの腹に乗せて食べるのが正しいマナーですが、ソースの種類によっては滑りやすかったり食べにくいこともあります。そんな時はフォークで刺して食べても構いません。
 

スプーンとフォークの使い方は?
イタリアでは上記のパスタにスプーンとフォークを一緒に使うことはありません。ナイフとフォークまたは(ラビオリなどは)フォークを使います。
また、音をたててすするのはNG。口に入る量だけを静かに食べます。

スポンサードリンク

(4)その他のパスタ(つづき)
ラビオリ(詰め物入り)、カネロニ(春巻き風)、ラザニア・ラザーニエ(板状)、ニョッキ(団子状)の食べ方

ニョッキ◆ニョッキの食べ方のコツ
 ニョッキとは、小麦粉とジャガイモなどをこねたものを団子状にしたパスタ。作り方は生地をこねて円筒形にしたあとで小口切りにしたものを、1つずつ指で楕円形に伸ばしたのちに、ソースが絡みやすいようにフォークなどでスジをつけます。
ニョッキもフォークですくってフォークの腹に乗せて食べるのが正しいマナーですが、ソースの種類によっては滑りやすいものもあり、食べにくい場合には刺して食べても構いません。

スプーンとフォークの使い方は?
イタリアではソースと絡めたニョッキを食べる際にスプーンとフォークを一緒に使うことはありません。ただし、ニョッキのスープの場合は別で、具としてニョッキを用いた場合にはスープスプーンを使って食べます。
また、音をたててすするのはNG。口に入る量だけ静かに食べます。

2. はみ出し情報(パスタのカロリーほか)

高カロリーのイメージがあるパスタ料理ですが、実際のカロリーはソースや料理法によって変わってきます。参考情報として下記に比較表を掲載します。

100gあたりのカロリー(文部科学省食品成分データベースより)
食品名 エネルギー(kcal)
ゆでパスタ類(マカロニ、スパゲッティなど)ゆでたもの 165
乾パスタ類(マカロニ、スパゲッティなど)乾燥状態 379
(参考)精白米 めし(ご飯) 168
(参考)精白米 めし(米の状態) 358

スポンサードリンク

………このページの内容………

1. パスタの食べ方は?(巻き方は?) 前のページ

(1)主なパスタの種類 前のページ
(2)スパゲッティーの食べ方は・スパゲッティの食べ方は? 前のページ
  紐状パスタの食べ方は(巻き方は?)  前のページ
 (フェットチーネ、フェットゥチーネ、フェデリーニほか)

スポンサードリンク

パソコン表示スマホ表示