パンの食べ方

パンの食べ方は?
フランス料理・フレンチのフルコースではバゲット・バンを食べるのが一般的です。パンを食べる場合には、最初にバターナイフで必要なだけバターを取り、パン皿に乗せます。パンはひと口サイズにちぎってバターナイフでバターをつけて食べます。料理のソースをパンにつけて食べるのはカジュアルなくだけた席ではOKですが正式なマナーではNGとされます。
………このページの内容………

1. フランス料理に出されるパンの種類

2. パンの食べ方
・パンの食べ方、バターのとり方、バターナイフの置き方
3. パンの食べ方Q&A
・パン皿がない時は?
・料理のソースをパンにつけても良い?
・スープにパンを浸しても良い?
・パンを食べるタイミングは?
(パンを食べ始めるのはいつ?)
(コース料理のいつからいつまでに食べる?)
・パンくずがテーブルに落ちたらどうする?
・お店の人がパンを持ってテーブルを回ってきたら

1.フランス料理に出されるパンの種類

フレンチのコース料理というとバゲットタイプのパンが主流ですが、その他のタイプが出されることもあります。

フレンチ・フランス料理に出るパンの種類

下記は代表的なものです。出される料理と相性が良い、甘くないシンプルな味のものが出されるのが一般的です。お店ごとに独自のものが出されることもあります。
フランスパンというのは小麦粉、食塩、水、イーストを原料としたシンプルなフランスのパンをさす総称です。その代表格と言えるバゲットをはじめ、下記のパンたちがフランス料理との相性が良いとされます。
フランスパンの表面の皮の部分をクラスト、中の生地をクラムと呼びます。

固いパン
A バゲット(baguette)

バケット

フランスパンの代表格とも言えるシンプルなパンです。定義によると小麦粉、食塩、水、イーストで作られ、長さ70センチ〜80センチ、重さ300g〜400gの細めの棒状パンです。

表面の切込みはクープと呼ばれます。焼成段階で記事の切れ目が広がり美しい黄金色の切れ目が広がります。表面は硬く、中はもっちりした生地となります。
フランス料理のコース料理でテーブルに出される時には食べやすい厚さに斜めにスライスして供されることが多いパンです。

B パン・ド・カンパーニュ
パン・ド・カンパーニュ田舎のパンという意味のパンです。発酵時の寝かしカゴの渦巻き模様が表面についていることも多いのが特徴的です。
小麦粉、食塩、水、イーストのほかにライ麦粉が使われることもあります。大きさは直径15cm〜30cm、重さ300g〜1kgともされます(もっと大きいものもあります)。

表面はバゲットよりも硬いものが多く、中の生地もさっぱりしたものが多いようです。
フランス料理の中でも特にスープとの相性が良いとされています。テーブルに出される時には食べやすい厚さにスライスして供されることが多いパンです。
C パリジャン(パン・パリジャン)、
パリのパンという意味です。バゲットよりも太くて少し短いパンです。
長さは50cm〜70cmで重さは500g前途とされます。

バゲットと同じように食べやすい厚さにスライスして供されますが、直径が太いため中身の生地の部分が多くなります。
D バタール

バゲットと同じ生地で、バゲットよりも短く作られたパンで「中間の」という意味です。バゲットとパリジャンの中間的なサイズです。

長さは40cm〜50cm、重さは300g前後とされます。

スポンサードリンク

固いパン(つづき)
E フィセル
「ひも」という意味です。バゲットと同じ生地で、長さ30cm程度に小さく作られたパンです。小さいので、中の生地(クラム)よりも皮(クラスト)の部分を愉しむパンです。
F ブール
ボールという意味です。バケットと同じ生地を丸く焼いたもので、表面にクロスの切込みを入れるのが特徴です。中の生地の部分が比較的やわらかくなります。
G クッペ
切られたという意味です。バケットと同じ生地をフットボールのような形にし、表面に大きな切込み(クープ)を入れています。生地の部分を楽しめるパンです。
柔らかいパン
下記のパンは、お店のメニューによっては出されることがあるパンです。通常のコース料理では料理の味を邪魔しないように甘くないシンプルな味のパンが出されるため、上記A〜Gのような硬いパンが多くなります。

G ブリオッシュ

フランスパンは材料に水を使うのに対し、ブリオッシュは水の代わりに牛乳を用い、バターや卵を用いてやわらかく仕上げるパンです。砂糖も用いられ、甘くやわらかいパンです。お菓子として作られることもあります。
H クロワッサン
三日月という意味です。バターを折り込んだ生地を幾重にも折り畳んで重ね、三日月型にして焼きます。表面はサクサク、中はしっとりあるいはもっちりとしています。パイ生地のように表面がパラパラとくずれやすい特徴があります。

2.パンの食べ方

テーブル上には、料理が出される順番にしたがってナイフやフォークなどのカトラリーがセッティングされます。代表的な例は以下の通り。

パン皿が置かれる位置

テーブルセッティング

パン皿はメインの皿の左側または左上に置かれる

ナイフやフォークは料理が出されるたびに外側から使っていきます。

パン皿の位置はテーブル上のスペースの広さや出されるメニューによって少しずつ異なりますがメインの皿の左側または左上などに置かれます。
パンは左手で持ち、バターナイフを右手で持ちます。
バターを塗る時にはパンは左手で持ち、バターナイフを右手で持ちます。

一人分ずつパン皿周辺にバターが置いてあるケースもありますが、もしテーブルに一つだけバターが置かれていたら立ち上がったり手を伸ばしたりせず、バターの近くの席の人に声をかけて取ってもらいます。必要な分だけパン皿の端の方にとります。

パンの食べ方

バゲットをちぎるバゲットは皮と生地の間に親指を入れてちぎる

バゲットのような硬いタイプのフランスパンはパンくずが出やすいという特徴があります。パンくずが出にくいコツは硬い皮と生地の間のあたりに親指を入れて、ゆっくりとちぎることです。
食べる際にはひと口で食べられる大きさにちぎります。食べる直前にちぎるのが正しいマナーです。

バターナイフにバターをつけ、小片を食べるたびに、バターを塗りながら食べます。

皿の上に皮の部分だけを残したり、逆に生地の部分だけを残したりするのはNGです。また、テーブルの上にパンくずが落ちても自分で拾ったりきれいにしたりしないようにします。お店の人がきれいにしてくれます。
パンくずはできるだけ皿の上に落ちるようにし(飛び散らないようにするのが難しい場合でも可能な限りパン皿の上および周辺までとし)ます。膝の上やテーブルの下には落とさないようにします。
 

クロワッサンの食べ方

通常はバゲットタイプの固いパンが出されますが、クロワッサンのように散りやすいパンが出されることもあります。
クロワッサンは皿の上で手でゆっくりとちぎるのがコツ。持ち上げずに皿につけたままちぎると言う人もいます。皿の上に散ったものは、クロワッサンの柔らかい部分の生地につけて拾うようにしながら食べると食後の皿の上も美しいとされます。
 

スポンサードリンク

バターの取り方、バターの塗り方

バターは必要な分だけ、バターナイフでパン皿の端の方に取る

ひと口大にちぎったパン(およそ3センチ角)を左手に持ち、右手のバターナイフでバターを塗って口に入れます。最初にバターをパンに塗ってしまうのではなく、食べる直前にバター塗り、口に入れます。
 
※参考ページ「バターの食べ方」>>>

バターナイフの置き方

バターナイフは、刃が自分の方に向くようにパン皿の上に置く
バターはその都度パンにぬって食べます。使っていない時には刃が自分の方に向くようにし、パン皿の端に置きます。
 

3. パンの食べ方Q&A

洋食・西洋料理のパンの食べ方マナー、フレンチ・フランス料理のパンの食べ方マナー、パンの食べ方に関する素朴な疑問をご紹介します。

パン皿がないときは?
パン皿がない時には直接テーブルクロスの上に置く

パン皿がない時にはパンをどこに置くのか迷うものです。ついメインのお皿に乗せたくなりますが、メインのお皿の左あたりのテーブルクロスの上に直接置くのがマナーです。
 
料理のソースをパンにつけても良い?
カジュアルな席ならOK。正式な席ではNG
料理に添えられたソースを愉しむためにパンをソースにつける方がいらっしゃいますが、くだけた席ならOKですが正式な席ではNGとされます。ソースはあくまでも料理にからめて食べるようにします。

ただし、お店のスタッフから「ぜひパンにつけてお愉しみ下さい」と勧められるメニューの場合はもちろんOKです。この場合のパンは小さめのサイズにちぎり、少しずつソースを愉しみましょう。
 
スープにパンを浸しても良い?
スープにパンを浸して食べるのは基本的にはNGです。
スープはスープとして単体で味わいます。
 
パンを食べるタイミングは?
(パンを食べ始めるのはいつ?)
(コース料理のいつからいつまでに食べる?)
基本的にはパンが出されたら食べ始めて良い。デザートが出る前までに食べる。
いつから?
基本的にはパンが出されたら食べ始めて良いでしょう。
以前はスープが出されてからパンを食べる…とされていました。
しかし最近ではお店側がコース料理に合わせて料理と相性の良いタイミングでパンを提供することが多くなり、前菜と一緒に出されることもあるため、パンが出されたら食べて良いと考えられるようになってきています。ただし、パンだけが単独で前菜よりも前に出された場合には、前菜が出るまで待ちましょう。

いつまで?
コース料理ではデザートが出される前にメインの皿とパン皿がテーブルから片付けられてしまいます。そのため、パンはデザートの前までに食べるようにします。

スポンサードリンク

パンくずがテーブルに落ちたらどうする?
テーブルの上のパンくずを自分で拾ったり、きれいにしたりするのはNGです。お店の人がきれいにしてくれるまでそのままにしておきましょう。

お店の人がパンを持ってテーブルを回ってきたら
基本的にはパンを一つ取ります。食べ終わる頃にお店の人がパンのおかわりを勧めてくれるはずです。

食べられる分だけ(数は問わずに)取るという方もいらっしゃいますが、焼きたての温かいものを最も美味しい状態で味わうためには一つだけ取るのがベターです。ただし、サイズが小さくてすぐに食べ切れそうな場合には2つ取っても構いません。

パソコン表示スマホ表示