祝儀袋の書き方(お祝い・お礼)

■ ご祝儀袋とは
ご祝儀袋とは、結婚や出産、長寿や子供の成長のお祝いなどの際に祝福の気持ちを表わすお金を包む袋をさします。現代では(一般的には)お祝いの際に現金を入れるのし袋のことをご祝儀袋と呼びます。ここではご祝儀袋の表書きについて解説します。
ページは2つに分かれています。このページはお祝い・お礼・おつきあい全般の書き方のページです。結婚関係で使うご祝儀袋の解説はこちら>>>
………このページの内容………
▼1. ご祝儀袋の用途と種類 前のページ
▼2. ご祝儀袋の書き方と表書き 前のページ
▼3. 御祝儀袋の下段の書き方(個人, 夫婦, 連名, ビジネスなど)
▼4. 中袋の包み方
………………
※別ページ…祝儀袋の中袋 書き方>>>

3. 御祝儀袋の下段の書き方(個人、夫婦、連名、ビジネスの場合など)

ご祝儀袋の下段には差出人の名前を書きます。代表的な書き方を下記にご紹介します。

ご祝儀袋の差出人の書き方
姓またはフルネームを書くとき 夫婦連名のとき

御祝のし

←左右の中心にバランスよく書きます。
フルネームの場合も同様です。

御祝のし夫婦

←左右の中心に夫の氏名をフルネームで書きます。
夫の名前の左側に妻の名前をやや控えめに書きます。
ご祝儀袋の下の段の書き方

連名の場合(2名)

←同じ立場の2人、例えば友達2人でご祝儀を包む場合など
……対象になるようにバランスよく配置します。

←上司や年長者と一緒に御祝儀を包む場合
……中心に最も格上もしくは年長者の氏名を書きます。二番目の人はその左に書きます(左の見本では甲、乙の順)

連名の場合(3名)

←同じ立場の3人、例えば友達3人でご祝儀を包む場合など
……中心、左、右に、対象になるようにバランスよく配置します。

←上司や年長者と一緒に御祝儀を包む場合
……中心に最も格上もしくは年長者の氏名を書きます。二番目の人はその左に、三番目の人は最も左に書きます(左の見本では甲、乙、丙の順)

連名の場合(4名以上)

←グループ名があれば、グループ名が中央に来るように書きます。

相手先がお礼状を出せるように、メンバーの住所氏名を書いたリストを中に入れます(半紙や奉書紙に毛筆で書くのが正式だが、便箋にペン書きの略式でも可)。全員が同額であれ金額の内訳は書きません。

←グループ名がない場合には、代表者の氏名を中央に書き、その左に控えめにその他の人の人数を書き添えます。

受け手がお礼状を出せるように、メンバーの住所氏名を書いたリストを中に入れます(半紙や奉書紙に毛筆で書くのが正式だが、便箋にペン書きの略式でも可)。全員が同額であれ金額の内訳は書きません。
ご祝儀袋の下段の書き方(ビジネスの場合)

ビジネスの場合

←ビジネスの場合には氏名だけでなく会社名や肩書きも書きます。
会社名や肩書を書き添える場合には、氏名が中心に来るように書き、社名は右側に小さく書き添えます。

社名が長くなる場合には、株式会社を(株)などと省略しても可。

←本来は毛筆で手書きをするのが正式マナーです。
しかしビジネスの場合には、(略式ですが)慣例的に、名刺を貼ることもあります(営業関係の取引先のパーティーなど)
名刺を貼る時には左下に貼ります。

連名の場合(4名以上)

←連名で御祝儀を渡す場合、部署名やグループ名があればグループ名が中心に来るように書きます。 「◯◯部一同」「◯◯課一同」「◯◯部有志一同」など。

相手先がお礼状を出せるように、メンバーの住所氏名を書いたリストを中に入れます(半紙や奉書紙に毛筆で書くのが正式ですが、便箋にペン書きの略式でも可)。
メンバーリストは、必ず目上の人の氏名から順に書きます。
なお、 毎日会う間柄の場合には住所は省略されることもあります。
また、 全員が同額であれ金額の内訳は書きません。

※3名までの連名の場合には、個人の場合と同様に上司や目上の人があれば中心から左へと順番に書いていきます。対等な関係の3名の場合には、センター、右、左、というように左右対称になります。

スポンサードリンク

4.中袋の包み方

ご祝儀袋の中袋の包み方について説明します。
金額の書き方は別ページ「中袋の書き方」へ>>>

お札の表と裏 (お札はどっちがおもて?)

←お札にも表と裏があります。
人物がある方がおもて。人物がない方が裏です。
祝儀袋に入れる時にお札の表と裏が必要になってくるのでこの機会に覚えておきましょう。
祝儀袋と中袋とお札の向き

祝儀袋+中包みの場合

祝儀袋と中包み(または中袋)とお札は、表=おもての面が揃うように入れます。
祝儀袋は、お祝い用の熨斗袋のことです。また正式な包み方として上包みもあります。

祝儀袋+中袋の場合

祝儀袋のみの場合

上包みがあるタイプの祝儀袋のうしろ側

上包みがあるたいぷの祝儀袋では、後ろ側の折り方にも決まりがあります。

←水引きをはずし中包みを入れたら、まず上を折ってから下を折ります。最後に水引きをかけます。
中包みのお金の包み方

①半紙、奉書紙などは、裏側を上にして置きます。
まず最初にお金を置く位置を決めるためのガイドラインを作ります。
右の見本のように下から上に折り目をつけます。

ガイドラインに沿って、お金を置きます。
お札が二枚以上の場合には、お札の向きを揃えます。結婚のお祝いの時にはお札は新札を用いるのが慣例となっています。
また最終的に表側(人物の顔のある側)がのし袋の表側に来るように包むのが正式とされています

②お札の左を折ります。

③お札の右を折ります。

④お札の部分を下から上に折ります。
これにより、下の⑤ではこれまで下を向いていた面が出たことになります。

⑤先端の部分を下に折ります。

左上と左下が
開いているのが
正式な包み方。
紙のサイズなどの都合で
万一折り方がずれた場合
でも、右上が開いている
形ならOK。
※但し左下が開いた形は
弔事用なのでNG

⑥ ⑤を裏返すと中包みが完成!
人物のある側がおもてに出ることになります。

⑦祝儀袋の中の様子

祝儀袋と中包み(または中袋でもOK)とお札は、表=おもての面が揃うようになります。

※中包みを上包みで包む時の包み方はこちら「中包みの書き方」へ>>>

スポンサードリンク

▼1. ご祝儀袋の用途と種類 前のページ
▼2. ご祝儀袋の書き方と表書き 前のページ
………………
※別ページ…祝儀袋の中袋 書き方>>>
パソコン表示スマホ表示