超便利!冠婚葬祭マナー

結婚式・披露宴のマナー

人生の最大の慶びの一つ、結婚式。
ここでは結婚式のお祝いスピーチ・祝辞および挨拶。結婚式披露宴の服装、結婚祝いののし袋の書き方とマナーなどについて解説します。

人気ページピックアップ

結婚式・披露宴では両家の親族を代表してお礼の挨拶が行われます。

以下のような内容を盛り込みます。

1.出席者や来賓へのお礼

2.祝辞や励ましの言葉へのお礼

3.今後の支援をお願いする言葉

つづきを見る>>

・男性の場合は黒スーツ+ネクタイ(シルバー、シルバーストライプ)が主流。
・女性の場合はフォーマルドレスやフォーマルワンピースが主流です。和服なら振袖、訪問着などとなります。振袖は未婚の女性のみが着ることができます。
・子供の場合、制服があれば制服を着用させます。

つづきを見る>>

スポンサードリンク

会社から祝電を打つこともあります。結婚のお祝い電報では以下の点に留意します。

1.別れや再婚を連想させる言葉は、使ってはいけない「忌み言葉」とされます。

2.相手の続柄に応じた尊称を用います(例えば息子さんはご子息、娘さんはご息女、お嬢様など)

上記を踏まえた文例・例文を紹介します。

つづきを見る>>

最近は結婚式・披露宴の招待状を手作りするカップルが増えてきています。

以下のような内容を盛り込みます。

1.結婚式・披露宴の日時と会場

2.出欠返信用のはがき

3.祝辞を依頼するメモか付箋

4.乾杯の音頭や余興を依頼するメモか付箋。

宛名の書き方と、招待状の文例・例文を紹介します。

つづきを見る>>

結婚祝いを頂いたタイミングによってお返しの仕方が異なります。

1.結婚祝いを頂いたら、披露宴に招待し、料理でもてなし、引出物をお渡しすることがお返しとなります。

2. 披露宴に招待できなかった場合にはお礼状を添えて内祝いを送ります。

3.媒酌人や親族は新居にお招きしおもてなしすることもお祝いのお返しのひとつです。

4.職場や友人には新婚旅行のお土産を買ってくることも内祝いを贈る以外のお返しのしかたのひとつと考えられます。

つづきを見る>>

・結婚祝いの祝儀袋・のし袋は紅白の「結び切り」の水引のものを選びます。
・蝶結びの水引きの祝儀袋・のし袋は簡単に結んだりほどいたりできるため、何度も繰り返してお祝いしたい場合に用います。
・結婚に関する祝儀袋は一度結んだご縁が二度とほどけることがないように結び切りの水引のものを用います。結納に関するものも同様です。

つづきを見る>>

パソコン表示スマホ表示