• HOME
  • 電報 
  •                   

葬式・葬儀の弔電

■ はじめに
心から祝福する気持ちやおめでとうの言葉を伝えたいあなたに。
心から悲しみやいたわりの気持ちを伝えたいあなたに。
そして、愛する気持ちやお礼の気持ちを伝えたいあなたに。
このページではあなたの心を伝える電報の書き方と例文、文例を紹介しています。
 電報の料金
★電報の申し込み
電話(局番なしの115)でも、 インターネット(ホームページ)でも、携帯電話からも、電報の申し込みができます。
クレジットカードで支払ができます。

★電報の受付時間
●受付時間は、ウエブ上からは24時間受付。
●電話(115)の受付時間は午前8時〜22時。ただし、緊急定文は時間外も受付け可能。
(緊急定文の例
「死す。」
「死す。至急連絡されたし。」
「危篤。」
「危篤。至急電話されたし」など)
●コンビニエンスストアでの電報の受付は平成21年11月にて終了。
電報の料金 (下記はNTT115に電話で申し込む場合の例)2016年2月18日現在
NTTの場合の電報料金は、メッセージ料金プラス台紙料金です。
25文字を超えると、文字数が長いほど料金が高くなります。
NTT東日本の場合の料金(下記★の合計金額に別途消費税がかかります)
★ メッセージ料金
(文字数に応じて変わる)
★台紙 ★オプション料金 電報料金
●もしメッセージ内に送り主の名前や住所を入れる場合、文字数に加算されます。スペースは文字数に含まれません。

●インターネットから申し込みをすると電話での申し込みよりもお安くなります。

※下記の表で「慶弔扱い」という表記になっているのは、
結婚のお祝い電報(祝電)または葬儀・葬式のお悔やみ電報(弔電)をさします。

  文字数※ごとの料金表
NTT東日本の電報料金表(2016.2.18現在)[単位 :円]
下記は税別(税抜)料金です。
税金は総額計算で1円未満を切り捨てる
インターネットから申し込み 電話から申し込み
慶弔扱い 一般扱い 慶弔扱い 一般扱い
当日〜2日前 3日以前 当日〜2日前 3日以前
文 字 数
25文字まで
  660円 510 440 700 550 480
26〜30文字まで
  750円 600 500 790 640 540
31〜35文字まで
  840円 690 560 880 730 600
36〜40文字まで
  930円 780 620 970 820 660
41〜45文字まで
  1020円 870 680 1060 910 720
  インターネットから申し込み 電話から申し込み
慶弔扱い 一般扱い 慶弔扱い 一般扱い
当日〜2日前 3日以前 当日〜2日前 3日以前
46〜50文字まで
  1110円 960 740 1150 1000 780
51〜55文字まで
  1200円 1050 800 1240 1090 840
56〜60まで
  1290円 1140 880 1330 1180 900
61〜65文字まで
  1380円 1230 920 1420 1270 960
66文字以上
  5文字ごとに
90円(税別)を加算
5文字ごとに60円(税別)を加算 5文字ごとに
90円(税別)を加算
5文字ごとに60円(税別)を加算
※文字数には、メッセージ+差出人(氏名や住所)が含まれます。

ミッキーマウス、どらえもん、あんぱんマン、くまのプーさんは、いずれも「台紙」として計算されます。これらのぬいぐるみの料金は一律2,100円。
台紙に押し花がついた押し花電報は1,575円です。
 

●ウェブサイトからの申し込みが可能で、電報料金は、毎月の電話料金と一緒に支払いができるほか、クレジットカードでの支払いもできますので、NTTと契約をしていない人も支払いOKです。
なお、「電話料金と一緒に支払い」を希望する際には、登録に関する事前確認のために日数がかかる場合もあるため、早めにチェックしてください。
 電報の依頼のしかたと主なサービス内容
当日の19時までに申し込みをすれば当日中に配達されます。また、申し込みは一ヶ月前から受付されるため、創立記念日等のイベントには早めに手配することができます。
電報の 配達時間
0:00   8:00   19:00   0:00
0〜8時に申し込み 8〜19時に申し込み 19時〜0時に申し込み
8時以降に配達 当日配達 翌日8時以降に配達
受付から配達まで
●電話での申し込みは 局番なしの115
●NTTの電報の場合は全国どこでも申し込みから2〜3時間で配達が可能。

●電話申し込みの場合の受付時間は8時〜22時まで。8時から19時までに受付した電報は当日配達が可能。
●インターネットからは24時間受付。

●19時〜22時、および6時〜8時の間に 配達が可能なのは、電話申し込みのみで受け付ける「緊急定文電報」にて、 「夜間配達」を指定した場合に限る。
●緊急低分電報量は340円(税別)
●夜間配達の場合は夜間配達料2,000円(税別)が別途必要になる。(2016.2.18現在)
●届け日が決まっている場合は、3日前までに申し込みすると150円割引になる。
電報に関する主なサービス
サービス 内容 料金
配達日指定
  内容 料金
配達日の1カ月前から申し込み可能 慶弔扱いの電報なら、3日前までの申し込みの場合150円(税別)割引
受取人の名前を連記
  内容 料金
宛先が同一の場合、受取人名を連記にできる 1名追加するごとに60円(税別)加算
毛筆印字
  内容 料金
電報の文面を毛筆書体で印字したものを届ける 1通につき100円(税別)加算
配達通知
  内容 料金
配達した日時を通知 1件につき800円(税別)
発信証明(電話申し込みの場合のみ)
  内容 料金
電報を発信したことを証明 1件につき300円(税別)
発信人名簿問合せ(電話申し込みの場合のみ)
  内容 料金
受取人の請求により、発信人の住所、氏名等を通知(但し発信人の了解が得られた場合のみ) 1件につき1000円(税別)
発信取消
  内容 料金
電報の発信を取り消すことができる(但し、配達日当日は取消しできないこともある) 1通につき取消料300円(税別)
 電報の書き方と文例集
実際に電報を打つ場合に、そのまま使っていただける文例をご紹介します。
結婚式の電報については、宛名別に例を載せました。
また、敬称(相手に対する敬意をあらわす時の呼び方)の使い方や、忌み言葉などのマナーもいくつかご紹介しています。
[祝電の書き方と例文]
 結婚式・披露宴あてのお祝い電報 >>
 結婚式・宛名が新郎あてのお祝い電報 >>
 結婚式・宛名が新婦あてのお祝い電報 >>
 結婚式・宛名が両親あてのお祝い電報 >>
[弔電の書き方と例文(お悔やみ電報の敬称マナーも含む)]
 通夜・葬儀・告別式あてのお悔やみ電報 >>
パソコン表示スマホ表示