超便利!冠婚葬祭マナー

同窓会の男性の服装

同窓会の男性の服装のページ。同窓会に出席する場合の服装は、会場となるホテルや、レストラン、居酒屋などの会場の格に服装を合わせます。
ここでは男性の同窓会の服装について年代別に解説します。

1.同窓会の服装とは

同じ学校を卒業した人たち集まる会またはその組織を同窓会と言います。ここでは同じ学校を卒業した人たちが集まって行う会合や宴会、親睦会での服装について解説します。

同窓会の服装のポイント
項目 補足説明
会場をチェック
  服装は同窓会の会場の格に合わせます。
同窓会の会場として良く使われるのは、ホテル、居酒屋、レストラン、母校の教室や講堂もしくは体育館、市民会館・公民館などの公共施設、その他などです。
内容をチェック
  同窓会の内容をチェックします。

同窓会の内容として一般的なのは、食事会、宴会・懇親会、立食パーティー、一泊旅行、親睦ゴルフ、成人式の二次会、退職・退官される恩師を囲む会などです。

例えば立食パーティーであれば、女性は両手が自由になるようにバッグは斜め掛けができる小ぶりのものにしたり、あるいはもし和室・畳での宴会であれば新しい靴下を履く、座りやすいズボンにするなど。

例えば貸し切りバスで温泉一泊といった同窓会の場合には、動きやすい服装であることや、翌日の着替え、荷物の大きさなども考慮します。

恩師の先生が出席される場合には、自分たちだけの同窓会と比較すると、節度ある服装を心がける等の配慮が必要です。ごく親しい友人たちだけで集まる同窓会の場合には比較的自由な服装でOKです。
気候をチェック
  春夏秋冬の季節のほか、暑い寒いといった気温を考慮します。
その他に、例えば会場がホテルなどの場合には、真夏でも温度調節ができる上着を一枚持っていくと良いでしょう。

雨の場合には、雨用の靴、替え靴下を用意すると万全ですし、和装(着物)を避ける方もおられるようです。

スポンサードリンク

2.同窓会の男性の服装

同窓会の男性の服装をケース別に解説します。
服装を決める際には会場の格に配慮します。

同窓会の男性の服装(会場別・年代別・春夏秋冬)
会場別 ホテルの場合

地方で行う小学校〜高校の同窓会と、大学•短大•専門学校などの同窓会とでは服装も異なるようです。

地方で行う小学校〜高校の同窓会では、少しおしゃれな平服〜デート服レベルの服での出席が大変です。また、都心で行う大学の同窓会の場合には、デート服レベル〜スーツでの出席者も多いようです。スーツ以外の場合にもジャケットを着用します。

成人式の二次会として行われる同窓会では、スーツまたは紋付袴となります。成人式を欠席して同窓会だけに出席する場合には他の出席者と服装の格が合うよう、スーツで出席します。

春の同窓会/男性の服装

[20代・30代]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。
スーツスタイルまたはジャケットを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

ホテルでも夏場ほどは空調が効いておらず、上着を着ていると意外に暑く感じられる季節でもあります。ぜひジャケットを脱ぐことを想定したシャツを着るようにしましょう。

カジュアル系の場合には、肌寒い時期ならコットンセーター+ジャケットまたはブルゾンなど。パンツはおさえ目の色の方が上品です。セーターのカラーは春らしく淡いカラーにすると良いでしょう。

5月以降、暖かくなってきたらTシャツ+ジャケットまたはTシャツ+ブルゾンなど。この時期のジャケットやブルゾンは背抜きのジャケットや裏地の無いブルゾンがオススメです。

[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。

体型が気になる方はカジュアルな服装の方が体型をカバーできるスタイルを選びやすいようです(☆印)。

スーツスタイルまたはジャケット、ブレザーを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

ホテルでも夏場ほどは空調が効いておらず、上着を着ていると意外に暑く感じられる季節でもあります。ぜひジャケットを脱ぐことを想定したシャツを着るようにしましょう。


カジュアルな服装を心掛けるあまりに、ゴルフスタイルにならないように注意して下さい。
カジュアル系の場合には、肌寒い時期ならコットンセーター+ジャケット、ブレザーまたはブルゾンなど。パンツはおさえ目の色の方が上品です。セーターのカラーは春らしく淡いカラーにすると良いでしょう。

5月以降、暖かくなってきたらTシャツ+ジャケットまたはTシャツ+ブルゾンなど。この時期のジャケットやブルゾンは背抜きのジャケットや裏地の無いブルゾンがオススメです。
夏の同窓会/男性の服装
[20代・30代]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。暑くても男性用タンクトップはNG(ジャケットのインナーとしてなら可)、ホテルによっては半パン、ハーフクロップドパンツ、サルエルパンツなどもNGです。
逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。
なお、カジュアルな服装で上着を着ない場合には、できるだけ襟付きのシャツをおすすめします。ポロシャツもだらしない襟元にならなければ良いでしょう。袖の長さは半袖でOKです。

ホテルの場合には、冷房が効きすぎていることもあるため、ジャケット持参をおすすめします。
[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージー上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。
暑くてもランニングのような形のシャツはNG(ジャケットのインナーとしてなら可)、半パン(半ズボン)などもホテルによってはNGです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。
なお、カジュアルな服装で上着を着ない場合には、できるだけ襟付きのシャツをおすすめします。袖の長さは半袖OKです。

ボタンダウンなどはノーネクタイでも襟元がだらしなくならないのでオススメですが、普通のワイシャツをノーネクタイで着ると襟元がだらしなくなるので注意して下さい。

暑い季節にノーネクタイでの同窓会の服装というとクールビズスタイルになりがちですが、オフィスには着ていかないような綺麗な色のシャツを着こなしてみたり、チェックのシャツに無地+ジャケット、ポケットチーフなどをコーディネイトすることで、他の人と違ったファッションになります。

ホテルの場合には、冷房が効きすぎていることもあるため、ジャケット持参をおすすめします。

スポンサードリンク

秋の同窓会/男性の服装

[20代・30代]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。コーデュロイのパンツも秋らしい素材です。

スーツスタイルまたはジャケットを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

秋らしさを出すなら、ワインカラー、パープル系の色を取り入れると季節感が出ます。
カジュアル系の場合、ジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせると外出着らしいコーディネイトがしやすくなります。その他にセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。秋口からのセーターの素材はウール系となります。

この他に小物として帽子やストールを活用する方もいらっしゃるようです。マフラーは会場内でははずしますが、帽子、ストールも食事の会場でははずすのがマナーです。

[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。コーデュロイのパンツも秋らしさが出ます。

体型が気になる方はカジュアルな服装の方が体型をカバーできる様々なスタイルを選びやすいようです。

スーツスタイルまたはジャケット、ブレザーを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。

秋らしさを出すなら、ワインカラー、パープル系、カラシ色系の色を取り入れると季節感が出ます。
カジュアルな服装の場合、ジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせます。その他にセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。秋口からのセーターの素材はウール系となります。
11月頃からはツイード素材のジャケットも活躍し始めます。
冬の同窓会/男性の服装

[20代・30代]
ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。ウールやコーデュロイのパンツも冬の季節感がある素材です。

コートは会場入り口で脱ぎ、マフラーもはずします。ホテルのクロークを利用しましょう。

スーツスタイルまたはジャケットを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

カジュアル系の場合、セーターにジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせると外出着らしいコーディネイトがしやすくなります。その他にシャツにカラーを合わせたセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。冬のセーターの素材はウール系となります。

この他に小物として帽子やストールを活用する方もいらっしゃるようです。マフラーは会場内でははずしますが、帽子、ストールも食事の会場でははずすのがマナーです。

革ジャン等もOKですが、皮革素材のコート的なものは会場内に入る前にクロークに預けることになります。

[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。ウールやコーデュロイのパンツも冬らしさが出ます。

コートは会場入り口で脱ぎ、マフラーもはずします。ホテルのクロークを利用しましょう。

体型が気になる方はカジュアルな服装の方が体型をカバーできる様々なスタイルを選びやすいようです。

スーツスタイルまたはジャケット、ブレザーを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。アスコットタイを使うと首回りが暖かく、かつお洒落な印象になります。

カジュアルな服装の場合、セーターにジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせる他、シャツにカラーを合わせてセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえたの色の方が上品です。冬のセーターの素材はウール系となります。
ツイード素材のジャケットも活躍し始めます。
皮革素材のジャケット等もOKですが、皮革素材や毛皮の「コート」的なものは会場内に入る前にクロークに預けることになります。

スポンサードリンク

同窓会の男性の服装(会場別・年代別・春夏秋冬)
会場別 ホテルの場合

地元で行う小学校〜高校の同窓会と、大学•短大•専門学校などの同窓会とでは服装も異なるようです。

地元で行う同窓会では、少しおしゃれな平服〜デート服レベルの服で出席します。大学の同窓会の場合には、スーツでの出席者も多いようです。スーツ以外の場合にもジャケットを着用します。

成人式の二次会として行われる同窓会では、スーツまたは紋付袴となります。成人式を欠席して同窓会だけに出席する場合には他の出席者と服装の格が合うよう、スーツで出席します。

春の同窓会/男性の服装(ホテルでの同窓会)

[20代・30代]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。
スーツスタイルまたはジャケットを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

ホテルでも夏場ほどは空調が効いておらず、上着を着ていると意外に暑く感じられる季節でもあります。ぜひジャケットを脱ぐことを想定したシャツを着るようにしましょう。

カジュアル系の場合には、肌寒い時期ならコットンセーター+ジャケットまたはブルゾンなど。パンツはおさえ目の色の方が上品です。セーターのカラーは春らしく淡いカラーにすると良いでしょう。

5月以降、暖かくなってきたらTシャツ+ジャケットまたはTシャツ+ブルゾンなど。この時期のジャケットやブルゾンは背抜きのジャケットや裏地の無いブルゾンがオススメです。

[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。

体型が気になる方はカジュアルな服装の方が体型をカバーできるスタイルを選びやすいようです(☆印)。

スーツスタイルまたはジャケット、ブレザーを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

ホテルでも夏場ほどは空調が効いておらず、上着を着ていると意外に暑く感じられる季節でもあります。ぜひジャケットを脱ぐことを想定したシャツを着るようにしましょう。


カジュアルな服装を心掛けるあまりに、ゴルフスタイルにならないように注意して下さい。
カジュアル系の場合には、肌寒い時期ならコットンセーター+ジャケット、ブレザーまたはブルゾンなど。パンツはおさえ目の色の方が上品です。セーターのカラーは春らしく淡いカラーにすると良いでしょう。

5月以降、暖かくなってきたらTシャツ+ジャケットまたはTシャツ+ブルゾンなど。この時期のジャケットやブルゾンは背抜きのジャケットや裏地の無いブルゾンがオススメです。
夏の同窓会/男性の服装(ホテルでの同窓会)
[20代・30代]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。暑くても男性用タンクトップはNG(ジャケットのインナーとしてなら可)、ホテルによっては半パン、ハーフクロップドパンツ、サルエルパンツなどもNGです。
逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。
なお、カジュアルな服装で上着を着ない場合には、できるだけ襟付きのシャツをおすすめします。ポロシャツもだらしない襟元にならなければ良いでしょう。袖の長さは半袖でOKです。

ホテルの場合には、冷房が効きすぎていることもあるため、ジャケット持参をおすすめします。
[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージー上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。
暑くてもランニングのような形のシャツはNG(ジャケットのインナーとしてなら可)、半パン(半ズボン)などもホテルによってはNGです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。
なお、カジュアルな服装で上着を着ない場合には、できるだけ襟付きのシャツをおすすめします。袖の長さは半袖OKです。

ボタンダウンなどはノーネクタイでも襟元がだらしなくならないのでオススメですが、普通のワイシャツをノーネクタイで着ると襟元がだらしなくなるので注意して下さい。

暑い季節にノーネクタイでの同窓会の服装というとクールビズスタイルになりがちですが、オフィスには着ていかないような綺麗な色のシャツを着こなしてみたり、チェックのシャツに無地+ジャケット、ポケットチーフなどをコーディネイトすることで、他の人と違ったファッションになります。

ホテルの場合には、冷房が効きすぎていることもあるため、ジャケット持参をおすすめします。

スポンサードリンク

秋の同窓会/男性の服装(ホテルでの同窓会)

[20代・30代]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。コーデュロイのパンツも秋らしい素材です。

スーツスタイルまたはジャケットを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

秋らしさを出すなら、ワインカラー、パープル系の色を取り入れると季節感が出ます。
カジュアル系の場合、ジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせると外出着らしいコーディネイトがしやすくなります。その他にセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。秋口からのセーターの素材はウール系となります。

この他に小物として帽子やストールを活用する方もいらっしゃるようです。マフラーは会場内でははずしますが、帽子、ストールも食事の会場でははずすのがマナーです。

[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。コーデュロイのパンツも秋らしさが出ます。

体型が気になる方はカジュアルな服装の方が体型をカバーできる様々なスタイルを選びやすいようです。

スーツスタイルまたはジャケット、ブレザーを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。

秋らしさを出すなら、ワインカラー、パープル系、カラシ色系の色を取り入れると季節感が出ます。
カジュアルな服装の場合、ジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせます。その他にセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。秋口からのセーターの素材はウール系となります。
11月頃からはツイード素材のジャケットも活躍し始めます。
冬の同窓会/男性の服装(ホテルでの同窓会)

[20代・30代]
ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。ウールやコーデュロイのパンツも冬の季節感がある素材です。

コートは会場入り口で脱ぎ、マフラーもはずします。ホテルのクロークを利用しましょう。

スーツスタイルまたはジャケットを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。クレリックシャツ(襟と袖だけが白いシャツ)は、エレガントな印象になります。

カジュアル系の場合、セーターにジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせると外出着らしいコーディネイトがしやすくなります。その他にシャツにカラーを合わせたセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。冬のセーターの素材はウール系となります。

この他に小物として帽子やストールを活用する方もいらっしゃるようです。マフラーは会場内でははずしますが、帽子、ストールも食事の会場でははずすのがマナーです。

革ジャン等もOKですが、皮革素材のコート的なものは会場内に入る前にクロークに預けることになります。

[40代・50代・60代以降]
素足にサンダル履きは不可。ジャージーの上下などはホテルでの同窓会の服装としては不向きです。逆に清潔感があるキレイめのものなら、デニムパンツやチノパンはOKです。ウールやコーデュロイのパンツも冬らしさが出ます。

コートは会場入り口で脱ぎ、マフラーもはずします。ホテルのクロークを利用しましょう。

体型が気になる方はカジュアルな服装の方が体型をカバーできる様々なスタイルを選びやすいようです。

スーツスタイルまたはジャケット、ブレザーを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。アスコットタイを使うと首回りが暖かく、かつお洒落な印象になります。

カジュアルな服装の場合、セーターにジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせる他、シャツにカラーを合わせてセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえたの色の方が上品です。冬のセーターの素材はウール系となります。
ツイード素材のジャケットも活躍し始めます。
皮革素材のジャケット等もOKですが、皮革素材や毛皮の「コート」的なものは会場内に入る前にクロークに預けることになります。

スポンサードリンク

同窓会の男性の服装(会場別・年代別・春夏秋冬)
会場別 レストランや居酒屋の場合
レストランや居酒屋で行う同窓会の場合には、カジュアルな服装で出席する男性が大半です。しかし久しぶりに旧友と再開する同窓会ですので、いつもより少しだけお洒落な、清潔感のある服装で出席したいものです。
母校の校舎や講堂・体育館で行われる同窓会の場合も下記を参考になさって下さい。
春の同窓会/男性の服装(レストランや居酒屋での同窓会)

[20代・30代]
会場が和室の場合には清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。
スーツ+ネクタイよりは、シャツ+ブレザー、ジャケット、ブルゾン等のスタイルの方が会場の雰囲気に合うでしょう。

春先の肌寒い時期ならコットンセーター+ジャケットまたはブルゾンなど。パンツはおさえ目の色の方が上品です。セーターのカラーは春らしく淡いカラーにすると良いでしょう。

5月以降、暖かくなってきたらTシャツ+ジャケットまたはTシャツ+ブルゾンなど。この時期のジャケットやブルゾンは背抜きのジャケットや裏地の無いブルゾンがオススメです。

この他に小物として帽子やストールを活用する方もいらっしゃるようです。マフラーは会場内でははずしますが、帽子、ストールも食事の会場でははずすのがマナーです。

[40代・50代・60代以降]
会場が和室の場合には清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。
スーツ+ネクタイよりは、シャツ+ブレザー、ジャケット、ブルゾン等のスタイルの方が会場の雰囲気に合うでしょう。

カジュアルな服装を心掛けるあまりに、ゴルフスタイルにならないように注意して下さい。
カジュアル系の場合には、肌寒い時期ならコットンセーター+ジャケット、ブレザーまたはブルゾンなど。パンツはおさえ目の色の方が上品です。セーターのカラーは春らしく淡いカラーにすると良いでしょう。

5月以降、暖かくなってきたらTシャツ+ジャケットまたはTシャツ+ブルゾンなど。この時期のジャケットやブルゾンは背抜きのジャケットや裏地の無いブルゾンがオススメです。
夏の同窓会/男性の服装(レストランや居酒屋での同窓会)
[20代・30代]
会場が和室の場合には清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。
暑くても男性用タンクトップはNG(ジャケットのインナーとしてなら可)です。また、女性も同席する和室の同窓会の場合には脛(すね)が露出する半パンもあまり好ましくありません。

なお、カジュアルな服装で上着を着ない場合には、できるだけ襟付きのシャツをおすすめします。ポロシャツもだらしない襟元にならなければ良いでしょう。袖の長さは半袖でOKです。
[40代・50代・60代以降]
会場が和室の場合には清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。
暑くてもランニングのような形のシャツ一枚での出席はNG(ジャケットのインナーとしてなら可)です。また、女性も同席する和室の同窓会の場合には脛(すね)が露出する半ズボン・半パンもあまり好ましくありません。

なお、カジュアルな服装で上着を着ない場合には、できるだけ襟付きのシャツをおすすめします。ポロシャツもだらしない襟元にならなければ良いでしょう。袖の長さは半袖でOKです。
なお、カジュアルな服装で上着を着ない場合には、できるだけ襟付きのシャツをおすすめします。袖の長さは半袖OKです。

ボタンダウンなどはノーネクタイでも襟元がだらしなくならないのでオススメですが、普通のワイシャツをノーネクタイで着ると襟元がだらしなくなるので注意して下さい。

スポンサードリンク

秋の同窓会/男性の服装(レストランや居酒屋での同窓会)

[20代・30代]
会場が和室の場合は清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。

Tシャツを着るのならインナーとし、初秋ならシャツやロールアップシャを重ねたり、肌寒くなってきたらブルゾンやジャケットなどと合わせると「きちんと感」が出せます。その他にセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。秋口からのセーターの素材はウール系となります。

この他に小物として帽子やストールを活用する方もいらっしゃるようです。マフラーは会場内でははずしますが、帽子、ストールも食事の会場でははずすのがマナーです。

[40代・50代・60代以降]
会場が和室の場合は清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。

Tシャツを着るのならインナーとし、初秋ならシャツやロールアップシャを重ねたり、肌寒くなってきたらブルゾンやジャケットなどと合わせると「きちんと感」が出せます。その他にセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。秋口からのセーターの素材はウール系となります。

体型が気になる方はカジュアルな服装の方が体型をカバーできる様々なスタイルを選びやすいようです。

11月頃からはツイード素材のジャケットも活躍し始めます。

冬の同窓会/男性の服装(レストランや居酒屋での同窓会)

[20代・30代]
会場が和室の場合は清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。


セーターにジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせると外出着らしいコーディネイトがしやすくなります。その他にシャツにカラーを合わせたセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえ目の色の方が上品です。冬のセーターの素材はウール系となります。

ブレザーやジャケットが苦手な方は、「丸首のロングTシャツに丸首やVネックのセーター+ブルゾン(またはダウンジャケット)+マフラー」、
「タートルネックのセーター+ブルゾン(またはダウンジャケット)+マフラー」など。

この他に小物として帽子やストールを活用する方もいらっしゃるようです。マフラーは会場内でははずしますが、帽子、ストールも食事の会場でははずすのがマナーです。

[40代・50代・60代以降]
会場が和室の場合は清潔な靴下(または新しい靴下)を心掛けます。
ジャケット、ブレザーを着る場合、ノーネクタイなら襟元がだらしなくならないようにシャツはボタンダウンやデュエポットーニ(台襟2つボタンシャツ)、トレポットーニ(同3つボタン)など。ポケットチーフで変化をつけても良いでしょう。アスコットタイを使うと首回りが暖かく、かつお洒落な印象になります。
セーターにジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせると外出着らしいコーディネイトがしやすくなります。その他にシャツにカラーを合わせたセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう(トラディショナルな印象になります)。パンツはおさえ目の色の方が上品です。冬のセーターの素材はウール系となります。

よりカジュアルな服装にするなら、セーターにジャケットまたはブルゾンなどと組み合わせたり、シャツにカラーを合わせてセーターやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。パンツはおさえたの色の方が上品です。冬のセーターの素材はウール系となります。
ツイード素材のジャケットも活躍し始めます。
必要に応じて、コート、ブルゾン、ダウンジャケットなども利用してください。
パソコン表示スマホ表示